2013年9月16日月曜日

作品相互紹介の副次的効果に関する検証

私が参加しているGoogle+のコミュニティで、アプリの作者同士が、互いの作品を紹介し合う試みをやっています。前回の記事(Hello Algorithmの紹介)前々回の記事(Smart Shelfの紹介)は、その一環で作成した記事になります。この試みの趣旨は、作者が相互の作品を触れあうことで理解を深め合うというものです。

私の方からは、東方BGM on VGS(東方VGS)の紹介をお願いしました。
そして、それぞれの作者さんに以下の紹介記事を書いていただきました。
http://nabeyang.hatenablog.com/entry/2013/09/14/103738 (iPhone版)
http://bukowski19200816.blogspot.jp/2013/09/blog-post_15.html (Android版)
これにより、私のSmart ShelfとHello Algorithmへの理解は深まったと思います。

なお、この試みは、他作者さんが作った作品をブログ等で公表する形態を採っているので、互いの作品のインプレッション機会が増加する副次的な効果も期待できると思います。そこで、その副次的な効果が、具体的にどの程度だったか、定量的に検証してみました。

まず、Android版の東方VGSの1日当たりのダウンロード数には、下図のようになりました。
Android版の東方VGSの1日あたりのダウンロード数は、だいたい40~50本前後ですが、この試みを行った日(9/14)は、142本のダウンロードがありました。

続いて、iPhone版は下図のようになりました。
なお、上図は東方VGSだけでなく、私が公開している全てのiPhoneアプリの合計ユニット変化数(インストール数+アンインストール数)です。東方VGS以外は誤差程度(orz)なので、だいたい東方VGSのユニット変化数だと思って頂いて問題ありません。こちらも、前日200ユニット(だいたい100インストールぐらい)だったものが一気に360ユニット(だいたい200インストールぐらい)に増えました。

Android/iPhone共に、普段と比べて+100本程度のインストールがあった計算になります。

2013年9月14日土曜日

【作品紹介(2)】Hello Algorithm

Google+のコミュニティーで、「アプリの作者同士で作品を紹介し合いましょう」という趣旨のイベントがあり、それに参加してみることにしました。本稿は、その第二弾として、Hello Algorithmというアプリを紹介します。

(1)紹介

Hello Algorithmは、数学ガール-乱択アルゴリズム-という書籍内で登場する疑似プログラミング言語のシミュレータです。
数字配列をソートするプログラムを実行したところ(初期画面)

山ガール、杜ガール、仏像ガール、電影ガール・・・そして、数学ガール。
ガールって付くだけで、何やら甘美な響きがします。
キャッキャウフフみたいな。

この数学ガールという書籍は、簡素な数式からフェルマーの最終定理まで、数学に関する色々なネタを取り扱ったシリーズ物の書籍のようです。フェルマーの最終定理の巻は、ちょっと賛否が多いようですが、恐らく興味を持つための導入書としては手ごろそうな内容だろうと思います。ちなみに、私はこの本を読んだことはありません。ただ、少女を題する書籍は、導入書的な意味合いのものが多いので、恐らくコレもその類かなと。

そして、このアプリは、数学ガール第4弾「乱択アルゴリズム」内で用いている独自プログラム言語のシミュレータのようです。数学ガールを読みながら、実際にHello Algorithmでプログラムを書き、アルゴリズムの流れを確認してみると面白いと思います。ちなみに、このアプリでは、デバッガーのようにステップ実行もできるので、プログラムの動きを視覚的に分かり易く確認することができると思います。

このアプリはWeb版とChromeアプリ版があります。
Chromeアプリ版の方は、オフラインでも使えます。

言語仕様としては、各種演算(四則演算、論理演算、比較)、ループ、関数などが実装できるようです。余談ですが、個人的には、入れ替え演算子(変数a,bの内容を入れ替える)というのがある点が珍しかったかも。普通のプログラム言語には、有りそうで無かったりします。

例えば、C言語で変数a,bの内容を入れ替える場合、
c=a;
a=b;
b=c;
みたいな感じ(ワーク変数cが必要)になったりします。
最近のプログラム言語だと普通なのかな?

(2)雑談

私は、中学時代にプログラミングの世界に踏み込んで以来、学校の勉強を殆どやりませんでした。それでも、成績は上位の方だったと思います(中学までは)。世界史とか化学とか「知らなければ解けない系」の学問は必然的に苦手でしたが、数学は、例え公式を知らなくとも勘だけで解けます。だから、好きでした。しかし、その「好き」という感情は、純粋な数学愛ではないですね。「アッシー君」や「都合が良い女」に対する「好き」という感情みたいなものです。つまり、そこに愛はありません。仮に有るとすれば、それは捻じ曲がった愛です。

捻じ曲がった愛の結末は、得てして悲劇になります。

高校レベルの数学になると、勘だけで戦うのは厳しくなります。
良い成績をとるには、勉強をしなければなりません。
しかし、それでも私は、「勉強如きの為にプログラミングをする時間を削るのは無意味だ」と考え、従来通り、一切勉強をせず、勘だけで問題を解き続けました。その結果、成績はみるみる落ち、中学時代にトップクラスだった成績が、高校時代には下から数えた方が早い、所謂「落ちこぼれ組」になりました。幸い、テストで赤点を取ることは一度もありませんでしたが、常にそのギリギリのラインでした。

余談ですが、高校生の時、進路希望の調査みたいなものがあり、「コンピュータ系の専門学校に行く」と宣言した時、担任の教師(高学歴)から鼻で笑われ、「お前なんかが行っても、ついていけないだろ?テラワロスw」的なことを言われました。その後、私は専門学校へ進学して、首席で卒業。

ぶっちゃけてしまえば、高校時代の勉強が、社会に出てから役立つことは99%無いです。生きていくのに必要な知識は、義務教育だけで十分得られます。ただ、重要なのは、勉強している内容そのものではなく、学ぶことに対する姿勢です。

人は、学ばなければ成長しません。

それは、学問に限った話しではなく、絵画、音楽、演劇、スポーツ、仕事など色々な分野で共通することだと思います。そして、学ぶために必要なことは、恐らく愛です。当然、先述した捻じ曲がった愛ではなく、純粋な意味で「好き」になる必要があります。

この数学ガールという書籍は、数学を好きになるための良い入口になるかもしれません。
そして、乱択アルゴリズムを読み進める時は、この作品を使ってみてはどうでしょうか。

(3)作品情報

・対応機種: Chrome / ブラウザ
・Chrome版: https://chrome.google.com/webstore/detail/hello-algorithm/pdpjhjlfphfhjofjigmiiphifbndpgci
・ブラウザ版: http://hello-algorithm.com
・仕様: http://w.livedoor.jp/nabeyang/d/HelloAlgorithm
・作者: Noriaki Watanabeさん(https://plus.google.com/u/0/115305041286184037742/about

2013年9月13日金曜日

【作品紹介(1)】Smart Shelf

Google+のコミュニティーで、「アプリの作者同士で作品を紹介し合いましょう」という趣旨のイベントがあり、それに参加してみることにしました。本稿は、その第一弾ということで、Smart Shelfというアプリを紹介します。

(1)紹介

Smart Shelfは、本の情報を管理できるアプリです。

(動画)

動画でチラッと紹介してますが、バーコードから本の情報を登録できます。
バーコード入力は、若干コツが要りますが、コツを掴めればスムースにできると思います。
バーコード入力してる所
登録できる項目は、ジャンル、シリーズ、タイトル、作者、出版社、価格、発売日などの基本項目に加えて、他にも評価やコメントなど。基本項目については、だいたいバーコードから拾えます。

(2)雑談

私は昔、結構な読書家だったと思います。

主に、岩波の哲学書(文庫版)を読むのが好きでした。有名どころでは、アリストテレスの形而上学とか、モンテスキューの法の精神とか。一番最近読んだ本は、新約聖書(※岩波じゃなくて、なんかそれっぽい感じの所が出版している日英対訳のTEV)です。ちなみに私はキリシタンではありません。(念の為)

読書家にとって、読んできた本というのは、言わば戦歴みたいなものです。

しかし、悲しいかな、人間の記憶力(私の記憶力)は、花のように儚いらしく、昔読んだことがある本の全てを記憶に留めることはできません。そもそも、全てを記憶に留める必要は無くて、必要な情報だけを吸収すれば良いと思いますが。なお、何が自分にとって必要なのかは、全部読んでみないと分からないので、当然ながら全部読む必要がありますが。必要な所だけ読めばOKならどれほど楽チンか・・・少し話しが逸れましたが、要するに戦歴は然して重要ではありません。必要なモノは、望まなくても己の血となり肉となっている筈で、忘れていくものは、必要がないから忘れていく・・・ただ、それだけのことです。

しかし、それでもやはり戦歴を残しておきたいものです。
その為、大抵の読書家は、読書ノートなるものを記録していると思います。
私も記録していました。

読書ノートは、手書きのA6サイズのノートに、1ページ/1冊ぐらいの文量で書きます。書く内容は、その本に関することならなんでも自由です。例えば、「東京へ向かう汽車の車中にて読んだが、窓から見えるサクラが綺麗だった」とか、本の内容と直接的に関係ない内容でもOKです。要するに、本を読み終わった時に記す日記帳みたいなものです。過去に日記帳を付けようとして、3日坊主で辞めてしまった人は数多く居ると思います。手書きで読書ノートを記すことは、そんな方々(日記を書きたい意思はあるが続かない方々)にオススメです。

日記が続かない最大の理由は、「書くネタが無い」からです。
読書ノートなら目的と記述すべきタイミングがハッキリしているので、長続きすると思います。
もっとも、私の読書ノートは、最近は読書をする時間が無くて、埃を被りつつありますが。

さて、「手書き読書ノートのすゝめ」みたいになってしまった感が否めないな・・・

Smart Shelfなら、簡単な操作(バーコード入力)で本の正確な情報を記憶できるので、索引的なものを記録する用途で使うと便利だと思います。なので、読書ノートは手書き派だょ?という古風な方も、一度使ってみてはどうでしょうか。

(3)作品情報
・対応機種: Android 2.3.3以降の端末
・作品URL: https://play.google.com/store/apps/details?id=info.pulps.ss
・作者: Noz Oさん(https://plus.google.com/u/0/102903912989809953917/about